半角スペースで絞込み可

 気象/気候学・専門書
 地震/火山・専門書
 航空気象/海洋気象・専門書
 気象予報士試験対策
 数学/気象/地震・基礎
 天気/気象/地震・入門書
 地球温暖化/異常気象・気候変動
 防災/環境問題
 統計/白書/年表
 ビジュアル・図鑑・辞典
 気象/地震/火山/自然・啓蒙書
 児童書/学習教材/再入門
 自然観察/その他・啓蒙書
 学会 刊行物/テキスト/指針
 生気象/気候学
 地学
 DVD・データCD
 天気図用紙/天気図手引き
 はれるんグッズ・熱中症計
 一般書
 セール
 その他・雑貨など


0円(税込)

かごの中を見る

>>次月
2017年03月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
平日営業時間11時〜18時。土曜日は16時まで営業しています。日曜・祭日は休日。

津村書店HOME PAGE
Home Pageへ戻る

量的予報技術資料 第22号 平成28年度予報技術 研修テキスト
1,836円(税込)
平成28年度季節予報研修テキスト 1か月予報システムの更新 〜全球アンサンブル予報システムの運用開始〜
1,944円(税込)
レーダの基礎  - 探査レーダから合成開口レーダまで -
4,320円(税込)
大内和夫 編著 / 平木直哉 著 / 木寺正平 著 / 松田庄司 著 / 小菅義夫 著 A5版 292ページ
多発する豪雨・豪雪・竜巻・ダウウンバーストなどの早期発見アイテム、Xバンドも加わりレーダアメダス合成雨量・ゲリラ豪雨予報もこなすレーダの基礎知識。
気象予報士試験 問題と正解 平成28年度第1回試験
1,728円(税込)
気象業務支援センター/刊 A4判 201ページ
気象予報士試験を実施しているセンターが、刊行している問題の正解集です。
気象予報士試験 模範解答と解説 第46回 平成28年度第1回
2,700円(税込)
天気予報技術研究会 編 4-6変・180ページ+解答用紙&図版
受験対策の決定版!!
平成28年度第1回試験の全問題・全回答を掲載。問題の解き方、考え方を丁寧に解説。
平成28年度数値予報研修テキスト 全球・メソ数値予報システム、観測データ利用及びガイダンスの改良
1,512円(税込)
気象庁予報部/編 カラー図版 A4判 138ページ
全球・メソ数値予報システム、観測データ利用及びガイダンスの改良
ダウンバースト 発見・メカニズム・予測
1,944円(税込)
小林文明/著 A5判 152ページ 
あなたは「ダウンバースト」を知っていますか? 建造物を破壊したり、航空機を墜落させたりするほどのパワーをもつダウンバーストは竜巻同様ある特別な積乱雲による現象です。その雲の正体は? 遭遇したらどうやって身を守るのでしょう? 大好きな積乱雲を観測し続けて30年。竜巻研究の第一人者である著者が解説する極端気象の第2弾!
気候変動で読む地球史  限界地帯の自然と植生から
1,620円(税込)
水野一晴/著 B6版 284ページ
 温暖化、海面上昇、洪水頻発、乾燥化……。いま叫ばれる「危機」はいつ始まったのか。
気象業務関係法令集 平成26年度
1,296円(税込)
気象業務支援センター刊 A5判 361p
出来!! たいへんお待たせいたしました。気象業務法の中の予報士試験に使われるものを抜粋しておりますが、唯一出版されている本です。
大気と雨の衛星観測 (気象学の新潮流 3)
3,132円(税込)
中島 孝・中村健治/著 A5版 180ページ
最新の知見をわかりやすく解説。
気象予報士試験精選問題集 平成28年版
3,024円(税込)
気象予報士試験研究会/編著 成山堂書店/刊 A5判 450p
 多くの受験者に支持されている問題集です!本書は平成6年度(第1回試験)〜27年度(第45回試験)までの試験から分野ごとに精選した学科試験と実技試験問題を、模範解答・ヒントとともに収録したものです。
気象予報士試験についての解説や今後の展望、受験の手続き、出題傾向と試験対策、参考書の紹介など、資料も豊富に収録。
受験者にとって欠かせない1冊です!
気象予報士試験 模範解答と解説 第45回 平成27年度第2回
2,700円(税込)
天気予報技術研究会 編 4-6変・185ページ
「平成27年度第2回気象予報士試験」の学科・実技試験の解答を解説します。各問題の解答について、「なぜ誤りなのか?」「なぜ正しいのか?」徹底解説しました。気象予報士試験の受験者必携!定番商品の最新刊となります。
数値予報課報告・別冊 62号 確率的な気象予測のためのアンサンブル予報の課題と展望
1,620円(税込)
気象庁予報部/編 カラー図版有り A4判 124頁
 確率的な気象予測のためのアンサンブル予報の課題と展望
はじめての大気環境化学
3,132円(税込)
松本淳 著 B5版 190ページ
光化学オキシダントを中心に成層圏オゾン・気候変動・酸性雨・浮遊粒子状物質・室内空気汚染の話題も取り上げ,その歴史的経緯・発生メカニズム・分析・処理・考え方など化学の基礎をふまえながら例題や練習問題を交え平易に解説。
災害情報学事典
9,180円(税込)
日本災害情報学会 編 A5版 408ページ
 災害情報学の基礎知識を見開き形式で解説。災害の備えや事後の対応・ケアに役立つ情報も網羅。行政・メディア・企業等の防災担当者必携
避難の科学 気象災害から命を守る
2,160円(税込)
古川 武彦/著 A5版 160ページ
 あらゆる気象災害に対応するために、科学的見地から備えや避難に役立つ基礎的な知識を総合的に提供。
日本の天気 その多様性とメカニズム
4,860円(税込)
小倉 義光/著 A5版 426頁
日本の四季の風物の美しさは素晴らしいが,その天気の移り変わりは時として暴走する.ゲリラ豪雨,強風,竜巻,洪水などのさまざまな気象災害は,気象学の進歩により筋道だてて理解することができるようになった.多種多様な天気の謎に迫る小倉気象学の決定版
平成26年度季節予報研修テキスト 1ヶ月予報システムの更新・JRA-55の概要
1,944円(税込)
パイロットの専門教育のための 航空気象講義ノート
8,640円(税込)
市来敏綱/著 A4版 480頁
 JAL専任地上教官の著者が現場で作り上げた大労作、地球大気の講義から始まり数値予報天気図や四季の天気図の解析技術・までプロの操縦士養成講義、全編読破すれば予報士試験合格間違えなし!!。
エアラインパイロットのための航空気象
5,250円(税込)
横田友宏/著 A4判 219頁
長年にわたり日本航空で747及び737の機長としてれ、現在も737の現役機長として日本の空で活躍されている横田氏の新刊です。
高層気象の科学 −基礎理論から観測技術まで−
3,780円(税込)
廣田道夫・白木正規・八木正允/編著 A5判 250頁
高層大気の物理的・化学的な基礎に加えて、高層大気の観測にも重点を置いて、全体を大きく3部にわけて解説した。
よくわかる高層気象の知識−JMH図から読み解く−
2,520円(税込)
福地 章/著 A5判 164頁
高層気象の基礎を平易に解説し、JMH図(船舶向け気象無線模写放送)について、解析の仕方などを詳細に解説。気象予報士受験者にも最適な内容。
「航空気象ノート別冊」 航空気象情報の利用と手引 2011年3月
1,620円(税込)
気象庁 航空気象管理官/監修 A4版 117p
 航空気象ノートのデータ郡を十分活用するためのマニュアル!
 増刷できました。
数値予報課報告・別冊 57号 データ同化の改善に向けて
1,800円(税込)
気象庁予報部/編 気象業務支援センター/刊 カラー図版 A4判 189p
気象庁数値予報課報告・別冊第57号。数値予報は、大気の状態・運動の時間発展を記述する数値モデルとその初期値を作成するデータ同化技術の両輪で発展してきた。データ同化技術は、散在する観測データを数値予報のため格子点に内挿する必要性から始まり、気候変動、海洋、環境、個体地球、惑星科学から生命科学にもその応用が分野を拡大してきている。気象観測はもとより顕微鏡から望遠鏡に至るまで実施される観測をもとに、未来を予測する数値モデルにより4次元の目で観測することが21世紀の科学技術の一つの潮流とまで言われている。


ひまわり8号 気象衛星講座
4,860円(税込)
伊東 譲司・西村 修司・田中 武夫・岡本 幸三/著 46変形版 272ページ
世界最先端の性能を持つ気象衛星「ひまわり8号」。その豊富な情報の内容を紹介し、的確な利用・分析手法を解説。防災上の実況の把握やナウキャスト・短時間予報を理解できる。付録のDVDに立体的な断面構造がわかる動画画像を収録。気象予報官・気象予報士など専門家にとどまらず、気象学・地球環境学・防災などを学ぶ学生や実務として市町村等防災機関の担当者、航空関係・船舶関係の従事者、機関などに必携。
クマゼミから温暖化を考える
886円(税込)
沼田 英治/著 新書判・並製・208ページ
 大阪に生息するセミの7割がクマゼミと言われ、同時に分布域も東へ北へと拡大している。クマゼミ増加の原因は、温暖化にともない冬の寒さが緩和されたせいなのか? はたまた乾燥が進んだことが原因なのか? 地道な調査・実験から温暖化との関係を明らかにする、科学的真理を探究する過程の奥深さと楽しさも味わえる一冊。
異常気象と温暖化がわかる 〜どうなる? 気候変動による未来〜
2,354円(税込)
河宮未知生 監修 四六判/192ページ
 昨今,台風の巨大化や寒波の襲来,頻発する集中豪雨などの異常気象がよく起こりますが,どれもが地球温暖化・気候変動との関わりを指摘されています。本書は身近な異常気象を取り上げ,現在進行している気候変動と地球温暖化について,その実態と主な要因,生態系や人間社会への影響などをわかりやすくビジュアルに解説します。専門知識がなくても読めるので,よく理解できるようになるでしょう。また気候の観測・予測技術や国際的な動き,IPCCの取り組み,第5次報告書に報告された温暖化による将来予測とシナリオに言及します。
京 天と地と人
1,728円(税込)
京都地学教育研究会/著 四六判 176ページ
宇宙、気象、地震、火山、地質・岩石、生物の進化など、地学に関する話題と近日におこった事例とをふまえて、わかりやすく解説したものです。
気象庁ガイドブック 2016
540円(税込)
気象庁/編 文庫(A6) 版 315頁
「大雨、地震などの自然災害や地球温暖化に関する情報、日々の生活や産業に密着した気象情報が、どのように作られ、伝えられるかなど気象業務の現状をわかりやすく図や表で案内したハンディタイプの冊子です。
気象記号 トランプ
1,620円(税込)
日本式 気象記号のトランプです。ジョーカーが「天気不明」!!
その症状は天気のせいかもしれません
1,620円(税込)
福永篤志「医師・気象予報士」/著 四六版 206ページ
 何気なく見ている天気予報を体調管理に役立てよう!
はれるんの お天気教室
1,404円(税込)
岩槻 秀明/著 堀江 譲/絵 日本気象予報士会/監
はれるんと一緒に空をながめて、天気を予報できるようになろう!気象庁マスコットキャラクター「はれるん」と、お天気を勉強する1冊
竜巻のふしぎ―地上最強の気象現象を探る―
1,620円(税込)
森田 正光・森 さやか著/著 川上 智裕イラスト 四六判 192頁
 日本一分かりやすい気象の解説者 森田正光氏とアメリカの竜巻に詳しいNHK国際放送の気象キャスター 森さやか氏が,竜巻のふしぎな実態について,これまでにない視点から分かりやすく解説しました。
雲の中では何が起こっているのか
1,836円(税込)
荒木健太郎/著 四六判 344頁
雲ができる仕組みから気候変動との関わりまで、その魅力を余すことなく伝えます。
ニュートン別冊 富士山噴火と巨大カルデラ噴火
2,800円(税込)
A4変型判並製/カラー4色刷/144ページ
日本列島には,過去に桁ちがいの超巨大噴火をおこしたカルデラがいくつかあることがわかっています。本書では,日本列島全域に壊滅的な被害をもたらすとされる巨大カルデラ噴火の発生確率とその脅威に迫ります。ぜひご一読ください。
あの雲なに?がひと目でわかる! 散歩の雲・空図鑑 151種の雲や空の現象を解説
1,296円(税込)
岩槻秀明/著 B6変形版 192頁
151の雲や空の現象を美しい写真とともに解説します。散歩やハイキングに持ち歩けるポケット版。
レーダ水文学
3,564円(税込)
吉野文雄/著 森北出版/刊 A5判 192p
レーダによる降水観測と実際の解析を詳述。気象レーダと水文学/電磁波とその伝搬/気象粒子による電磁波の散乱と吸収/レーダ雨量計システム/レーダ受信信号とその処理/降水の構造/レーダによる降水強度の観測/水文業務への応用/マルチパラメータレーダ/偏波による雨滴からの散乱理論/他2章
史上最強カラー図解 プロが教える気象・天気図のすべてがわかる本
1,620円(税込)
岩谷忠幸/監修 ナツメ社/刊 A5判 256頁
気象現象のしくみと基礎知識から、天気図はどうやって読むのか、異常気象とはどんなものか等まで、豊富な写真とイラストとともに解説します。人気の気象予報士、岩谷忠幸さんに密着取材し、天気予報ができるまでの臨場感あふれる実況中継ページもあります。
気象ブックス008. 気象予報士の天気学
1,890円(税込)
西本洋相/著 成山堂書店/刊 4-6判 172p
「雨はなぜ降るのか?」を「明日雨が降る」にまで高めたところに気象学のすばらしさがあります。天気予報はどんなプロセスで行われているのか、「天気」の初歩から最新の予報技術までを紹介します。気象予報士試験に新しく加えられた「季節予報」もやさしく解説しています。
改訂新版 気象予報のための天気図のみかた
4,410円(税込)
下山紀夫著 菊倍判 217p
気象情報・気象資料にはどのようなものがあり、それをどうしたら天気予報に利用できるのかを図版を多数挿入して解説。
気象ブックス016. 偏西風の気象学
1,680円(税込)
田中 博/著 成山堂書店/刊 4-6判 196p
偏西風とは何だろうか?・偏西風の力学・偏西風のエネルギー・偏西風とブロッキング・偏西風の強弱と北極振動・偏西風の予測とカオスの壁
現代天気予報学 -現象から観測・予報・法制度まで-
4,095円(税込)
古川武彦・室井ちあし/著 A5判 232頁
予報の総体を自然科学と社会科学とが一体となったシステムとして捉え体系化を図った,気象予報士をはじめ予報に興味を抱く人々向けの一般書。
豪雨・豪雪の気象学
4,410円(税込)
吉崎正憲・加藤輝之/著 朝倉書店/刊 A5判 196p
日本に多くの被害をもたらす豪雨・豪雪は積乱雲によりもたらされる。本書は最新の数値モデルを駆使して,それらの複雑なメカニズムを解明する。
雲と雨の気象学
4,830円(税込)
水野 量/著 朝倉書店/刊 A5判 208p
降雪を含む,地球上の降水現象を熱力学・微物理という理論から災害・気象調節という応用面まで全領域にわたり解説。
海洋気象講座
4,830円(税込)
福地 章/編著 成山堂書店/刊 A5判 378p
この本は、一〜三級海技士(航海)を目指す方のテキストとして執筆されたものです。海技国家試験に出題される海洋気象の分野をわかりやすく解説しています。
新・百万人の天気教室
3,360円(税込)
白木 正規/著 成山堂書店/刊 A5判 302p
これ1冊で天気の基礎がよくわかる!天気が判断できる!
天気に関心のある一般の人々や、海で働く人達、気象予報士を目指そうと考えている人などを対象に、天気の判断に役立つ知識を、基礎から応用へと、読みやすく、わかりやすく解説したものである。
よくわかる山の天気 気象遭難防止チャート付
1,680円(税込)
平井 史生/著 A5判 192頁
 天気図の見方や、急な気象の変化への対応など、登山の際に必要とされる気象の情報を、初心者でもわかるように写真やイラストで解説する。
井田寛子の気象キャスターになりたい人へ伝えたいこと
1,680円(税込)
井田寛子/著 46判 218頁
蜘蛛が大好き、蛙をポッケに詰め込んで親をビックリさせた子供の頃。獣医を志すがことごとく惨敗。キャスターを目指すも夢かなわず。そして、製薬会社へ。3年半の勉強の末、5度目の試験で気象予報士の試験に合格。そして、全国放送の気象キャスターとなった「いま」を語ります。
風の事典
8,925円(税込)
真木 太一・新野 宏・野村 卓史・林 陽生・山川 修治/編著 B5判 276頁
気象・気候・地形・景観・水・地球環境問題・エネルギー・災害・都市・農業・乗り物・スポーツ・生態系・生活などバラエティに富んだ視点から風に関わるトピックス、約200項目を選び,各項目を1〜2頁単位で解説した中項目事典。

Copyright (C) 津村書店. All Rights Reserved.